webカウンセリングのご案内

webカウンセリングの流れ

明日にはあなたの中に小さな変化を見つけることができるかもしれません。
このサイトでは、webカウンセリングをご利用いただけます。

図:webカウンセリングの流れ

『他人に自分の悩みを話すのは苦手・・・』『忙しくてカウンセリングルームに行く暇がない』という方にお勧めのカウンセリング方法です。初めての方、カウンセリングというものに多少なりとも抵抗をお持ちの方、まず、webカウンセリングであなたの心のストレスを吐き出してみませんか?

webカウンセリングの実例

相談者アセスメント

こんにちは。お酒がやめられそうもなく、困っています。
自分が依存症なのかどうかわかりませんが、気がついたら
毎日飲むようになってしまいました。

いつからそうなったのかも思い出せないのですが、
お酒を定期的に飲むのは5、6年前からだったと思います。
最近では朝の気分の悪さを実感するようにもなり、
このままだとからだがボロボロになるような気がします。
しかし、夜になるとそんな気持ちも忘れてまた飲んでいる・・・
飲まなければどんなに健康で快調だろうとも思うのですが。

やっぱ依存症なのでしょうか。自分ではわかりません。
病院に行くべきか、薬を飲むべきか教えてください。
お願いします。

カウンセラー アセスメントの回答

初めまして、私はカウンセラーの○○と申します。
今回私にメールを送ってくださってありがとうございました。
少しでも○○さんのお気持ちが楽になるようお手伝いできればと思っています。

さて、メールを拝見しました。
自分がアルコール依存では?そして病院に行く必要があるのか?
この点についての相談と考えて宜しいでしょうか。

まず、はじめにカウンセラーについてご説明しますね。
カウンセラーは対話(言葉を含めた)を中心としたコミニケーションを作業とする事が殆どで 医師のような医療行為とそれにおける診断は出来ないのです。
つまり私は○○さんをアルコール依存症と診断する事ができないことをお分かりいただけますか。
しかし、私はカウンセラーとして○○さんと“お酒と今後どのように付きあっていくか”について一緒に考える事が出来ます。これからの3回のwebカウンセリングによってこの問題が少しでもクリアになればと思います。

さて今回、私から○○さんへ1つ質問させてください。
私なりのカウンセリングの考えを述べさせてもらいましたが、 ○○さんはどのような内容のカウンセリングを希望なさいますか?
今後のカウンセリングへの希望、注意点などがありましたら遠慮なく教えてください。
無理に答えることはありませんので、ちょっと考えてみてくれますか。

それでは、○○さんのお返事をお待ちしております。


EAP総研のwebカウンセリングの流れ ページ上部に戻る