キッズスキル

キッズスキル

キッズスキルプログラムは、フィンランドの精神科医、ベン・ファーマン博士が開発した、子どもの自主性とやる気を尊重し、子どもが自ら問題を解決するためのプログラムです。

本プログラムは15のステップから成り、子ども自身に考える力、自分で解決する力をつけてくれます。子どもの困難を乗り越える能力、可能性を上手に引き出せるようにできており、大人が「こうしなさい」と指示するのではなく、子ども自身がスキルを大人と一緒に考え、練習し、解決へと進んでいけるプログラムです。対象年齢は4歳から思春期までと幅広く、学校、ご家庭、幼稚園、特別学級、子どもに関わるあらゆる場面で使用できます。フィンランド、スウェーデン、イギリス、オーストラリア、ドイツ、ブルガリア、アメリカ合衆国、カナダなど、世界各国で使われ、その効果が実証されています。原作は15ヶ国語に翻訳され、プログラムは20カ国以上に広まっています。

EAP総研×ヘルシンキ・ブリーフセラピー・インスティテュート

EAP総研は、キッズスキルの商標登録を取得しています(第55279976号 平成21年(2009)11月13日)。
キッズスキルについて文字の使用等、何らかの活動を行う際は、ご一報ください。
EAP総研はヘルシンキ・ブリーフセラピー・インスティテュートと提携し、キッズスキルを日本の企業・学校に提供しています。
キッズスキルに関して、より詳細な情報はキッズスキルオフィシャルHP

開発者

ベン・ファーマン フィンランドの精神科医。

ベン・ファーマン
フィンランドの精神科医。

ヘルシンキ・ブリーフセラピー・インスティテュート(フィンランドが国家レベルで認定しているサイコセラピスト=精神療法家のトレーニング機関)代表。キッズスキルの著者であり、キッズスキルプログラムの開発者。

出版物

フィンランド式 キッズスキル―親子で楽しく問題解決!

フィンランド式 キッズスキル―親子で楽しく問題解決!

ベン・ファーマン (著), 佐俣 友佳子 (翻訳)  ダイヤモンド社

PISA(学力到達度調査)で常に上位をキープしているフィンランドにおける、キッズスキルの実践例

フィンランド式キッズスキル入門

フィンランド式キッズスキル入門
―実践例から学ぶ子育てストレスが軽くなるコツ

佐俣 友佳子 (著)  学習研究社

日本国内におけるキッズスキルの実践例

キッズスキル サービス一覧

イメージ:キッズスキル

1.講演会、研修  ¥100,000/時間(消費税別)

キッズスキルの概念や手法をご紹介する講演会・研修を行ないます。
対象は、子育て中のお父さんお母さんに対して、教育に関わる教員の方、子どもに関わる仕事の方など様々に対応できます。
企業の育児支援対策として(次世代法対策)ご活用いただくことも可能です。
各種勉強会としてご活用いただくことも可能です。

2.キッズスキルカウンセリング  ¥30,000/回(消費税別)

キッズスキルの手法を用い、親子のカウンセリングを行ないます。
お子様の問題解決のお手伝いをさせていただきます。

3.キッズスキルコンサルテーション  ¥30,000/回(消費税別)

キッズスキルの手法を用い、問題を抱えた子どもへの介入法をコンサルテーションいたします。

4.キッズスキルアンバサダー 資格発行  ¥120,000/人(消費税別)

キッズスキルの手法を用い子どもへの介入が可能な「キッズスキルアンバサダー」の資格を発行しています。キッズスキルアンバサダーはヘルシンキブリーフセラピーインスティテュート公認の資格で、アンバサダーは世界中に広がっています。日本ではEAP総研でのみ取得することができます。取得のためには12時間の研修を受けたあと、認定テストとレポートを提出していただきます。

キッズスキルに関して、より詳細な情報はキッズスキルオフィシャルHP

キッズスキルのサービスは随時承っております。
お気軽にご相談ください。
キッズスキル
  • キッズスキルとは
お問い合わせはこちら

EAP総研のキッズスキル ページ上部に戻る