従業員向けメンタルケアEAPのご紹介

従業員向けメンタルケアEAPのご紹介

EAPの歴史

EAPとは「Employee Assistance Program」つまり、従業員支援プログラムのことです。
働く人の精神面だけでなく、さまざまな問題を解決することによって、
企業の生産性(パフォーマンス)の維持・向上を支援するプログラムです。

EAPの社会背景

平成12年、厚生労働省によって「事業場における労働者の心の健康づくりのための指針」が発表。
すべての労働者に対して、事業者側に職場環境に合わせたメンタルヘルス対策を計画することを求めています。

メンタルケアのススメ

「自分は病気じゃないから大丈夫」という人によくお会いします。
しかし、病気になってからでは遅いのです。

カウンセリングに期待すること

日頃からこころの状態をしっかりとチェックして、
少々のトラブルなんかは跳ねかえせるくらいの免疫力をつけておくことが大切です。

カウンセリングの注意点

いざカウンセリングになると、緊張して話すべきことを忘れてしまうケースもあります。
前もって問題をご自分なりに整理し、まとめておくと安心です。


EAP総研の従業員向けメンタルケアEAPのご紹介 ページ上部に戻る