従業員向けメンタルケアEAPのご紹介

カウンセリングに期待すること

理想的なカウンセリングで期待できることは、人生の質(QOL)を上げることです。生きづらさを感じさせないことも重要な要素となります。カウンセリングを受けた利用者の声をご紹介します。

カウンセリング後の利用者の声

・話を聞いてもらうことで、頭が整理されストレスが減った
・自分の考え方が前向きに変わってきた
・周囲との関係が以前より良好になってきた
・よく眠れるようになった
・食欲が出てきた など

ココロの免疫力、知ってますか?

からだに免疫力があるように、こころにも免疫力というものがあります。ストレスによって免疫力が下がっている場合には、何かこころに強い刺激を受けるトラブルに出会うと、心身がひどく傷付き、立ち直れないような事態に陥ってしまいます。
そのようなことにならないためにも、日頃からこころの状態をしっかりと把握して、免疫力をつけておくことが大切です。

なぜカウンセリングなのか?

そうした免疫力アップのために、ぜひ利用していただきたいのがカウンセリングなのです。カウンセリングは相談者が直面している様々なこころの問題、悩み事に対して、何らかの専門的な手助けをする行為です。相談者がより良く生きるための専門的な手助けをします。

ちょっとした変化に注意して!

「これくらいのストレスはたいしたことない!」と軽視していませんか?
実は、そのような“思い込み”がとても危険なのです。

「「最近ちょっと疲れやすくなっているかな~」
「食べる、お酒の量が増えている気がする」
「朝、目が覚めても、布団から出るまで時間がかかる」
「せっかくの休日でも、何もする気がしない」

一見たいしたことがないように思える変化でも、実はみなさんのこころの免疫力低下をあらわすサインだということもあるのです。 そんなサインに気づいたら、ぜひ気軽にカウンセリングを試してみてください。
あなたの明日をもっと「元気」にするための、サプリメントのようなものです!

こころが安定しているから幸せに生きられる

大半の人は幸せに生きることを願っているでしょう。「幸せ」の定義は人それぞれかもしれませんが、幸せと感じるためには「こころが安定している」「こころが豊かで満たされている」「こころが健康である」と言うことが必要なのだと思います。理想とするカウンセリングの効能とは、「相談者がこころ豊かで幸せに生きる」ため、何らかの専門的サービスを提供するということになるかもしれません。


EAP総研のカウンセリングに期待すること ページ上部に戻る