従業員向けメンタルケアEAPのご紹介

カウンセリングの注意点

相談者が答えを見つけるためのサポート役です

日本では、自分の問題を人に打ち明けるという習慣がないため、自分で抱え込んでしまうことが多いように思います。そのような行為が、こころを押しつぶしてしまう前に、自分のこころを吐き出してみてください。話をすれば楽になる・・・・そんな問題もあるはずです。また、問題を整理するという意味でカウンセリングを活用するのも一つの方法です。自分の悩みに答えを出せるのは、自分だけです。人生を自分自身が決定し歩んでいけるよう、サポートしていくことが私たちの役割だと考えます。

webカウンセリングの限界と注意

webカウンセリングでは、テキストで文章を作成するため、その文章の表現力や構成によって、誤解が生じてしまう可能性があります。記載内容には、十分に注意しましょう。また、対面でのカウンセリングに比べて、非言語の手がかりが不足してしまうという難しさがあります。 しかし、あなたのこころを文章化することによって、こころの問題を浮き彫りにしてくれるでしょう。自分自身が生み出した言葉は、きっと何かを語りかけてくれるでしょう。 webカウンセリングは、メンタルヘルス対策を行う方法の中の一つであり、どなたにとっても最善の選択であるとはいえません。特に緊急性を要するものには不向きですので、状況によっては対面カウンセリングをご利用ください。

治療中の方は、現在の治療を重視しましょう

現在カウンセリングを受けている方や、精神科・心療内科の治療を行っている方はそちらの先生の指示を重視してください。かえって問題を複雑にしたり、治療効果を薄れさせてしまう可能性があります。
また、もし自殺への願望を抱えていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、webカウンセリングのみのご相談では十分な対応ができません。ホットラインや緊急時に対応が可能な機関へご連絡なさることをおすすめいたします。

カウンセリングは医療行為ではありません

カウンセリングは心理学的援助技術ではありますが、医療行為ではありません。薬物療法が必要であると感じる方、病理分野に相当する精神症状・身体症状が出ていると思われる方は、医師の診断を受けられることをおすすめします。


EAP総研のカウンセリングの注意点 ページ上部に戻る