EAP総研サービスのご案内

モチベーションマネジメントとは

EAPとは、「Employee Assistance Program」の略称で、EAP総研はこの思想に基づき、職場環境づくりに重点を置いてマネジメントサービスを構築しております。
組織で抱える問題を理解し、一人一人の従業員様をきめこまかくサポートします。
従業員がモチベーションを上げる仕組みづくりは、メンタルヘルスの0次予防として大切な概念です。心のマイナスをゼロに戻すことから、さらにプラスを目指し、より元気にすることが私たちの考えるモチベーションマネジメントです。
社員が充実感をもって仕事に取り組み、会社全体のパフォーマンスが向上するよう、様々な角度から、御社向けにカスタマイズしたサービスをご提供いたします。

モチベーションマネジメント

図:従業員のモチベーションアップ
  • ビヘイビアルヘルスケア:行動を健全にしていくメンタルヘルスの上位概念。マイナスをゼロにするだけでなく、ゼロより上の状態である可能性を開花させ、モチベーションを高めます。
  • 社会人基礎力再構築:考え抜く力、前に踏み出す力などの社会人としての基礎力を高めます。
  • メンタル不全への対応:カウンセリング、セミナー、コンサルテーションを通じての予防と対処活動を行います。
  • 従業員と家族へのメンタルヘルスケア:家族と治療的同盟を結べるように心理教育をいたします。
  • SOS対応:緊急対応・レスキュー活動を行います。
  • リチーミング:心理テクニックである解決志向に基づいたチーム力育成を行い、ひとつの目標に向かって進もうというモチベーションを高めます。

EAP総研のモチベーションマネジメントとは ページ上部に戻る